院長あいさつ

Menu

院長あいさつ

故郷である逗子に脳神経外科クリニックを開設することとなりました院長の脊山英徳です。これまでは脳神経外科専門医・脳血管内治療専門医として外科手術・カテーテル治療を中心に、5000例以上の脳疾患を治療してきました。また、脳卒中専門医として内科的治療やリハビリテーションにも従事してきました。その多くの臨床経験を通じて、地域に密着した脳を専門とするクリニックの重要性と必要性を強く実感しました。

三浦半島は温暖な気候や海に近い立地からご高齢者が生活しやすく、また都心で働く世代にも人気の地域です。3.0T高性能MRIや超音波装置など高度な診断機器を用いた専門医による脳疾患診療でこの地域の医療に貢献したい、と考え開業を決意しました。

脳疾患の予防から治療、そして長期の療養まで一つの大きな視点で捉えて「病気を診るのではなく患者さんを診る」という姿勢を貫きたいと思っています。

メディカリスト

逗子脳神経外科クリニックの理念

院長略歴

平成11年
杏林大学医学部卒業
平成13年
東京都立墨東病院 脳神経外科 
平成15年
公立阿伎留病院 脳神経外科 
平成16年
国立循環器病センター 脳血管外科
平成18年
杏林大学医学部付属病院 脳卒中センター開設に従事
平成22年
杏林大学医学部付属病院 脳卒中センター病棟医長
平成26年
小山記念病院 脳神経外科
平成27年
逗子脳神経外科クリニック開院

覚悟の瞬間 逗子脳神経外科クリニック 脊山英徳